天然繊維と化学繊維の毛布の違いと特徴

タオルケットも今治がおすすめな理由

タオルケットは日本の夏にふさわしい寝具

気温が高くなって、湿気も多くなる日本の夏、タオルケットを使って寝る人も多いでしょう。 タオルケットは日本で生まれた寝具、高温多湿な日本の夏を過ごしやすいよう考えられた寝具ともいえます。 簡単に洗濯機で洗濯できますし、吸水性に優れた爽やかな肌触りのタオルケットは日本の夏の寝具の代名詞のような存在です。 しかし各社から数多くタオルケットが販売されているため、どんな基準でタオルケットを選べばよいかわかりません。 結局のところ値段やデザインでタオルケットを選んでしまうのではないでしょうか。 タオルといえば今治が有名ですが、タオルケットも今治のものをおすすめしたいと思います。

タオルケットの選び方とポイント

もちろん値段やデザインでタオルケットを選ぶのも悪いことではないと思います。 しかしながらできることなら、タオルケットの機能性を考慮して選んでほしいものです。 タオルケットの選び方としては、大きく分けて以下のポイントが挙げられます。

これらのポイントをクリアできるタオルケットがまさに今治のタオルケットというわけです。 まず肌に触れるわけですから、肌触りが良いタオルケットが良いのは間違いないでしょう。 タオルケットの肌触りといえば、パイル地のタオルのような肌触りを思い浮かべるでしょうが、どれも一緒というわけではありません。 例えば従来より細い人を使ったり撚りを甘くすることで肌触りを柔らかくしたり、毛足を長くしたり密度を変えて、空気をたっぷり含ませることで、ふんわり感をアップしているものもあります。 厚手のタオルケットの方が保温力が高く、肌触りもふわふわしていて、やわらかいものが多いです。 他にもシャーリング加工することで肌触りをなめらかにしているものもあります。 シャーリング加工とはパイルの先端部分をカットすることで、なめらかな肌触りにしているものです。 また吸水性の高いタオルケットであれば、やはり綿100%のものをおすすめします。 綿100%であれば肌触りも優しいですし、刺激も少なくて吸水性も高いです。 吸水性が高いタオルケットであれば、汗をかいてもしっかり吸収してくれますし、さわやかな寝心地が続きます。 さらに速乾性に優れていれば汗を吸っても洗濯してもすぐに乾くので、雑菌や臭いも発生しにくいでしょう。 それから、タオルケットは洗濯する頻度も多くなりがちなので、耐久性の高さも求められます。 安いタオルケットは毛羽落ちや糸抜けが多かったり、洗濯をするたびに硬くなったり薄くなったりして、風合いが悪くなることがあるので要注意です。 なおこれらの肌触りや吸水性、速乾性、耐久性といったポイントをクリアできるのが、やはり今治のタオルケットだと思います。

おすすめタオルケット

なお今治のタオルケットの中でもそれぞれグレードが異なります。 今治のタオルケットといっても安いものはペラペラで、ガーゼケットのようなものもあるので要注意です。 ふわふわの肌触りが欲しいなら、オリムのコクーンプロというブランドのタオルケットをおすすめします。 超長綿という細く長い糸を使用しているので、空気をたっぷり含んでふわふわです。 タオルケットの中ではまあまあいいお値段ですが、冬場の寝具に比べればお安いですよね。 夏場の快眠のためには、ちょっとは投資が必要ですかね。 また、そんなにボリュームがなくてよい、もう少し薄手のタオルケットで良いという方はこちらのプリュマージュプロというタオルケットもあります。 プリュマージュプロもコクーンプロと同様、超長綿という高級綿を使用しており、ふわふわで柔らかい風合いがあります。 コクーンプロに比べると若干薄手ですが、その分お値段も安くなっています。 また、独特のなめらかな肌触りが特徴的な、シャーリング加工を施したタオルケットもあります。 こちらがシャーリング加工を施した、シェードプロというタオルケットです。 シェードプロはシャーリング加工によってパイル先端がカットされているタオルケットです。 ふわふわというより、すべすべ滑らかといった肌触りに特徴があります。 こちらもオリムという会社のタオルケットですが、エステにもタオルを卸している会社で本当に上質なタオルケットが多いです。 デザインも無地のものが多いですが、どこか上品な華やかさがあります。 今治のタオルケットは一般的なタオルケットより高いですが、安いタオルケットでは正直あまり違いが判らない気がします。 せっかく今治のタオルケットを買うなら、ちょっと高級なタオルケットに手を出して、普通のタオルケットとの違いを実感してみるのも良いかもしれませんね。

メニュー

ページのトップへ戻る