天然繊維と化学繊維の毛布の違いと特徴

マットレスだけじゃない!?マニフレックスの枕の口コミ

マニフレックスの枕は評判上々

マニフレックスといえば、サッカーの香川選手が使っているマットレスとして有名ですね。 しかしマニフレックスはマットレスだけではありません。 口コミを見ても、マニフレックスの枕も評判が中々良いそうです。 そんなマニフレックスの枕に今回はフォーカスを当ててみたいと思います。

マニフレックス枕の種類

【マニフレックスの正規通販】 をご覧になればわかりますが、枕もいくつか種類が出ています。 人間工学に基づいて作られたレギュラーピローや、フラットな形状で体型を問わずフィットしやすいフラットピッコロ、リッチな寝心地のピローグランデなどがあります。 また女性用のレディースピローや、頭部や首回りをしっかり支えるエア・トスカーナ、コンパクトサイズで持ち運びに便利なピローサンパウロなど実に種類が豊富です。 マニフレックスの枕はすべてウレタン素材でできていますが、ただのウレタン素材とは違います。 それはエリオセルという、オープンセル構造の芯材を使用しており、絶妙な柔らかさと通気性があるのです。 マニフレックスの枕は高反発枕ですが、ただ硬いだけでなく、適度な沈みこみがあり、フィット性が高いのも特徴的です。

おすすめはピローグランデ

数あるマニフレックスの枕、どれを選んでも良いのですが、贅沢な寝心地を味わいたいなら、ピローグランデがおすすめです。 ピローグランデはノンシェイプ形状といって、特殊な形状をしておらず、どんな体型でも合いやすくなっています。 反発力は大体70Nで高反発素材の中では比較的柔らかめな感触といえるでしょう。 多孔エアホール構造により、柔軟性がさらにアップしているため、高反発枕にありがちな痛いぐらいの硬さはありません。 個人的にはテンピュールより柔らかいと感じていますし、温度による変化も感じません。 しかも他の枕に比べて厚みがあり、幅も70cmのワイドサイズで、まるでホテルの枕のように頭や首回りを包み込む、贅沢な寝心地です。 実際にヨーロッパの一流ホテルでも使われているそうですし、2万円しないから手が届く範囲です。 サッカーの香川選手も愛用しているそうですから、一度使ってみたいですね。 枕カバーもシンカーパイルでふんわり柔らかく、綿を80%も使っているため吸湿性も高く、高級感のある質感も魅力です。

マニフレックス枕の実際の口コミ

では実際にマニフレックスの枕を使っている人の口コミはいかがでしょうか。 もちろん悪い意見もあります。

無駄にでかいし、臭い。
高さがある枕なので、小柄な私には合わないかも。首と背中が曲がってしまい。高反発で頭が押し戻される感じです。

ワイドなサイズが売りですが、逆に大きすぎるのが受け付けない人もいるようです。 またウレタン独特の臭いがダメ、柔らかすぎて底付きするという意見もあるようです。 マニフレックスの枕はイタリア生まれの枕ですから、日本人の女性には高さが高すぎるのかもしれません。 特にピローグランデは厚みがあるので、頭を乗せて沈み込んだとしても、他の枕より高さはあるのでしょう。 感じ方や好みは人それぞれですから、すべての人に合う枕など存在しないとは思います。 しかし全体的には寝心地が良い、買ってよかったという意見が多いように感じます。

寝心地は確実に良い
この枕を購入する前の枕はオーダーメイドだったのだが、イマイチしっくりきていなかった。
だが、これは頭をしっかりと包み込んでくれるので、とても安心感がある。
気のせいかもしれないが、眠りの途中で目が覚める回数が減った感じがする。
きちんと朝まで熟睡出来ているのだと思う。
眠るのが少し楽しみになった。
大好きなピロー!
自宅用、実家用、プレゼントと、3個目の購入です。
ホテルの枕みたいにふわふわで本当に寝心地がいいです。おすすめです。

ピローグランデは70Nであり、確かに高反発枕の中では柔らかく、硬い枕が好きという人には若干物足りなく感じるかもしれません。 しかしフィット感が高く、寝心地は良いと個人的には思います。 柔らかい分ホテルのような寝心地の枕をご自宅でも使いたいという人には、おすすめです。

メニュー

ページのトップへ戻る