天然繊維と化学繊維の毛布の違いと特徴

夏場に活躍するコットンのガーゼケット

ガーゼケットの特徴

あなたはガーゼケットという寝具を使ったことがありますか。 ガーゼケットは、ガーゼを何枚か重ねて作られた寝具のことをいいます。 ガーゼという目の粗い生地を重ねているため、非常に通気性が良く、程よく暖かいため、ガーゼケットは夏場に活躍する掛け寝具です。 空気をたっぷり含んでいるため、ボリュームがある割に軽いですし、さわやかな使い心地です。

ガーゼケットが夏場に重宝する理由

ガーゼケットの一番の特徴は、やはり通気性が良く、蒸れないということでしょうか。 汗をかいても寝具内がじめじめせず、快適な寝心地です。 人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといいますが、夏場はコップ2杯分はかくかもしれません。 汗や湿気はガーゼケットの間を通り過ぎて放出されるため、湿気が溜まりにくいのです。 保温力もそれほど高くないため、暑くなりすぎませんし、温度も湿度も調整してくれますから、夏場は快適です。

吸湿性の高いコットンがおすすめ

なおガーゼケットに使われる素材は色々ありますが、コットンが代表的でしょうか。 コットンは肌触りも柔らかいですし、吸湿性に優れた繊維ですから、汗や湿気などの水分も吸収してくれます。 元々通気性の良いガーゼケットですから、コットンの吸湿性も相まって、蒸れ感が少ないという特徴があります。 コットンであれば値段もそれほど高くありませんし、ガーゼケットを始めて使う人には良いかもしれません。 保温性を高めるために、中綿の入ったガーゼケットもありますが、中綿を入れればその分通気性は落ちますし、ポリエステルを使っていれば、吸湿性も低下するでしょう。 暖かい方が良いという人は、中綿の入ったガーゼケットを選んでも良いと思いますが、ガーゼケット本来の通気性は低下しますし、中綿がポリエステルだったりすると、吸湿性も低下します。 ですから暖かさよりも通気性や吸湿性を重視する夏場は、中綿の入っていないガーゼケットの方が良いのです。

保温性は高くないのがデメリット

ガーゼケットは夏場は重宝するものの、保温力はあまり高くありません。 重ねているガーゼの枚数が増えるほど暖かくなりますが、それでも夏以外は1枚で使うと寒いかもしれません。 ですから夏場を除くと、ガーゼケットの活躍の場は少ないと言わざるを得ません。 ただガーゼは元々医療用に使われており、傷口などデリケートな場所にも使えるほど、肌にやさしいという特徴があります。 ガーゼケット1枚では使えなくても、ガーゼケットの上に毛布や掛け布団を掛ければ、寒さを乗り切ることもできるでしょう。 アトピーなどの肌の弱い方や、赤ちゃんには肌に触れる部分にガーゼケットを使っても良いのではないでしょうか。

メニュー

ページのトップへ戻る