天然繊維と化学繊維の毛布の違いと特徴

布団乾燥機を使えば簡単にダニ退治できる

ダニ退治に布団乾燥機がおすすめ

家の中にはどんなにきれいにしていても、ダニが存在するものです。 その中でも布団の中には、たくさんのダニが潜んでいるといわれています。 しかしながら布団にダニがいるのは分かっていても、ついついお手入れをさぼっているのではないでしょうか。 目には見えませんが、ダニがたくさんいる布団に寝るのは気持ちいいものではありません。 布団のダニを退治するのに、布団乾燥機を使ってみてはいかがでしょうか。

ダニは毎日増えている

ダニは毎日卵を生んで増殖しますから、布団のダニは放っておくと、どんどん増えてしまいます。 その数は、布団1枚の中に数千万匹とも数十万匹ともいわれていますから、想像を絶します。 ダニは目には見えませんが、ダニの上に寝ていたり、ダニを掛けて寝ていると考えると、気持ち悪くありませんか。 それに寝ている間に吸い込んでしまえば、鼻炎や喘息などアレルギーを引き起こしてしまうかもしれませんから、決して無害ではないのです。 ダニは高温多湿を好みますから、春から夏にかけて増殖します。 しかも最近はマンションなど、住宅の気密性が高くなっているため、高温多湿になりやすく、ダニが増殖しやすいのです。 特に湿度の高くなる梅雨の時期は、ダニが増殖する絶好の機会なのです。

布団乾燥機ならいつでもダニ退治できる

梅雨や夏などダニが増えやすい時期になんらダニ対策をせず、布団に毎日寝ていると思うとぞっとします。 しかし梅雨の時期は雨が降ることが多いので、布団を外に干せないといった問題が生じます。 また家を空けていることが多いため、布団を外に干す機会が少ない人もいるでしょう。 そんなときに活躍するのが布団乾燥機です。 布団乾燥機は布団の中を高温にし、空気を乾燥させて、湿気を追い出すために使います。 ダニは高温を好むとはいえ、50度以上の環境では生きていくことができません。 ですから布団乾燥機で布団の中を高温にし、数十分もすればダニはどんどん死滅していきます。 ダニ退治には天日干しが有効ですが、天候にも左右されるため、一定時間布団の中を高温状態にすることが難しいこともあります。 またうっかり雨が降っているのに気づかず、布団がびしょびしょになることもあります。 ですから、天日干しよりも、布団乾燥機を使った方が効率的にダニが生きにくい環境を作りやすく、ダニ退治がしやすいのです。

掃除機をかけるのも忘れずに

なお布団乾燥機をかけたら、そのまま布団を使用しようとする人がいます。 しかしながら、布団乾燥機を掛けた後は、掃除機をかけるのを忘れないようにしましょう。 布団乾燥機でダニが死滅するとはいえ、そのままでは布団にダニの死骸や糞が残ったままです。 生きているダニだけでなく、むしろ死骸や糞の方がアレルギーになりやすいのです。 布団両面、ゆっくり時間をかけて掃除機をかけるようにします。 こうすることで、布団のダニの死骸や糞もしっかり吸ってくれて、布団がきれいになりますよ。 ハウスダストを効果的に防ぐ掃除機の選び方を参考にしてみてください。

メニュー

ページのトップへ戻る